千葉の外壁塗装業者選びで失敗しない!評判の良い会社BEST3

千葉で外壁や屋根の塗装業者選びで失敗したくない方必見!【実際に口コミで評価の高い会社TOP3】を掲載しています。

*

屋根をカバー工法でリフォームする時には業者選びがとても大事!

   

カバー工法

屋根のカバー工法とは、その名の通り既存の屋根の上に新しい屋根材をそのままかぶせて覆うように仕上げる方法です。

屋根が二重になる状態なので、重ね葺きという呼び方をされる事もあります。

屋根をカバー工法でリフォームする際に知って置くべき事

既存の屋根が金属板金やスレート仕上げの場合は、カバー工法が可能です。既存が瓦の場合は、カバー工法は向いていません。

カバー工法を行う時には、信頼できる業者に依頼しましょう

また、カバー工法を行う事で太陽光発電の設置が難しくなってしまう場合がございますので、気になる方はリフォーム業者に問い合わせてみましょう。

千葉で評判の高いと「腕が良いと噂の屋根リフォーム業者」のBEST3!

更に、屋根が著しく劣化していると、カバー工法が出来ない場合もございます。

屋根のカバー工法の施工手順は、

①既存の屋根の上に、屋根下地のスレート(ルーフィング)材を直接敷く。
②その上から新しい屋根材を張り、完成。

リフォームなのに、手間を掛けずに新築の様に快適に工事を行う事が出来ます。

屋根のカバー工法を利用するメリットデメリット

カバー工法のメリットとしては、下記の様な物が挙げられます。

  • 古い屋根材を取り除かないので、ホコリや騒音が出にくい
  • 解体が無いので産業廃棄物の発生に必要な手間と処分費が無い
  • 工期が短い
  • 工事費の節約

反対にカバー工法のデメリットもございます。

  • 既存の屋根材を撤去しないので、屋根自体の腐食がそのまま置きっぱなしになる
  • 屋根下地板等の腐食状態を確認出来ない
  • 屋根自体が重くなり荷重が余計に建物にかかる
  • 既存の屋根に含まれている湿気の上に蓋をしてしまうので、湿気を呼ぶ可能性がある
  • 次の屋根リフォームの際に困難になる場合がある

屋根のカバー工法は地元で信頼のおける業者に依頼しましょう

カバー工法を行う際に、屋根の下地まできっちりと検査してくれるリフォーム業者に依頼する事がとても重要です。

そのようなリフォーム業者でしたら施工に信頼性を持つ事が出来るので、カバー工法を快適に行う事が出来ます。

屋根のリフォームにお金をかけないで行いたくカバー工法を行う場合は、業者選びから既存の屋根の状態まで、細かく検討するように進めましょう。

千葉で「腕が良いと評判」の屋根、外壁リフォーム業者BEST3!

 - 屋根の工事を考えている方必見の豆知識