千葉の外壁塗装業者選びで失敗しない!評判の良い会社BEST3

千葉で外壁や屋根の塗装業者選びで失敗したくない方必見!【実際に口コミで評価の高い会社TOP3】を掲載しています。

*

外壁の外張りリフォームは断熱等の沢山のメリットが期待できる!

   

外壁の外張り

外張り工法の外壁リフォームとは、FP板下地に貼ってから外壁仕上げを張る工法が一般的です。

リフォームを行いたい建物は古い建物が多いので、断熱性能が乏しくなっている傾向があります。

外壁の外張りリフォームを行う際のメリットが沢山有る!

壁を全て壊して断熱材を入れ替えるのは大変なので、外壁はそのままの状態にし、その上からFP板を外壁に張って敷き詰め、断熱効果を高めます。

千葉で評判の高いと「腕が良いと噂の外壁リフォーム業者」のBEST3!

外壁部分をリフォームする事で高い「断熱効果」が見込めます

グラスウール等の断熱とは違い、柱などで断熱材が途切れる事が無く、隙間なく断熱材を外周にグルリと張る事が出来るので、家の断熱性能が格段に上がります。

外気温の影響を受けにくくなり、室内の冷暖房効果が上がります。

寒暖の差が少なくなるので結露しなくなり、建物の寿命を長くする事が出来ます。

デメリットといえば、外壁面全てのFP板を張るので、その分お高くなってしまいます

しかし、断熱性能は格段にあがりますので、外張り工法は外壁のリフォームに工法としてはとてもオススメです。

外壁の外張り工事のポイント

断熱材の上から、空気の通気層を木材で18㎜程作って、サイディングを張って仕上げます。

リフォームで使うサイディングの理想は、素材が軽く既存の建物の構造に負担をかけない材料です。

窒素系のサイディングは見た目カッコいいですが、素材自体が重いので既存の建物の構造に大きな負担をかけてしまうのが、難点です。

金属系のサイディングは窒素系のサイディングの1/10程の重さしかないので、既存の建物の構造に大きな負担をかける事がありません。

更に、金属サイディングには断熱材が敷き詰められているので、FP板との相乗効果で断熱性能を高めてくれます。

外壁の工事は地元で評価の高い所に相談する様にしましょう

外張り外壁リフォームは、リフォーム施工の実績が豊富な業者に依頼しましょう。 特にリフォームというには、施工方法さえきちんと行えば快適な住宅を作る事が出来ます。

外壁部分は「家を守る重要な部位」なので、口コミや周りの評判等を加味して、慎重に選ぶようにするのがおススメですよ。

千葉で「腕が良いと評判」の屋根、外壁リフォーム業者BEST3!

 - 外壁の工事を行う際の豆知識